×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

私がうつ病になり、休職するまで。そして今

昔から、頑張りすぎてしまう性格であることは自分でも感じていたし、周りからもよく言われていました。

 

うつ病画像

ただ、それは働くということが好きで、やれることがあるのであれば、全部やらないと気がすまないという感情から頑張っていたのであり苦になることは特にありませんでした。

 

勿論頑張った分だけ仕事の評価も上がっていき、何も悪いことなど無いと思っていたのですが、年月を重ねるに連れて状況は変わっていきました。

 

余力を残した仕事をしなかったせいで、徐々に去年よりも頑張るということが難しくなり、成績は停滞。
さらには前年割れとドンドン悪化していきました。

 

それでもどうにか立て直そうとした結果、睡眠時間を削り、休憩時間も事務仕事、休日も働くといった生活スタイルから体調を崩し始めました。

 

不眠、元気が出ない、周りが気になる、常にイライラするなど、自分ではどうすることも出来なくなり、
心療内科に相談に行った結果は、「うつ病」でした。

 

色々な薬を貰い、服用しながら働いていても、病状はよくならず、
お医者様から言われた言葉は

 

「仕事を暫くの間休みましょう。
このままだと病気は良くなるどころか更に悪化して、倒れますよ」

 

との事でした。

 

結果私は、うつ病で休職し現在に至っております。

 

休職から数ヶ月たった今では、

  • 何であんなに働きすぎてしまったのだろう。
  • 楽しいから頑張れるのであって、頑張らなければいけない強迫観念のもと働くのでは生きる意味が無いな

と冷静に考えられるところまで思考も体調も回復しました。

私がうつ病になり、休職するまで関連ページ

パキシル減薬に挑戦して
私は重いうつ病を患い、うつ病で退職してしまいました。 退職して1年が経つのですが精神状態も安定してきこともあり、医師からパキシル(抗うつ剤)の減薬を提案されました。
うつ病とマイペースで付き合う
私は派遣社員だったので休職はできないので、ゆっくり治療に専念するという意味で退職という方向に・・・ 私が働いていた部署の課長も過去にうつ病で休職していたそうで、現在でも定期的に病院に通っているとおっしゃってましたが、そのおかげで私のうつ病に対する理解も早くて、すぐに対応していただきました。

このページの先頭へ戻る