×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

初めてのうつ病体験記

私は父の元気な姿を知りません。

 

私の父は、私が生まれる数ヶ月前に躁鬱病と診断され、何度も入退院を繰り返しています。
母が亡くなった今、今でも精神病院にお世話になっています。

 

幼い私にとって、父の病気は理解に苦しむものがあり、
思春期になると父の存在がうっとおしく、恥ずかしい存在となっていきました。

 

うつ病は遺伝しないと言いますが、私はそうは思いません。
現に私の一番上の兄もうつ病で、入退院を繰り返しています。

 

私にも、父の血が流れている・・・。

 

私はずっと不安でした。
私もいつか父や兄のように壊れてしまうのではないかと。

 

つい先日、夫ともめた日の夜、私は初めてこれがうつ病なんだという感覚にとらわれました。
なんといって説明していいのか分からない感情、感覚。

 

寝ようとしても、真っ黒いもやのようなものが胸から口にのぼってくるのです。
吐き気にも似た、不快感でした。

 

私の一番の味方だった母を亡くし、私にはもう夫しかいなかった。
でもその夫と解りあえない日々が続き、誰も私を護ってくれる人はいない。

 

私は世界でたった独り、独りぼっちなのだという感情。
それはもうとてつもない不安でした。

 

その日の夜は眠れず、テレビをつけて気を紛らわしたり、
誰にも見せることはない真っ黒い感情を紙に書きなぐりました。

 

そして、小さなわが子の手を握りました。

 

すると、ようやくすーーっと黒いものが消えていったのです。
この子には、私しかいない。そう思った途端、黒いものも消え、眠ることが出来ました。

 

私はこれが初めての体験でした。
夫とはその後ちゃんと分かり合え、今は心穏やかに過ごせています。

 

守られてばかりだった私。

 

今度は守る番なのだと強い意志を持ったとき、自分を取り戻せたのだと思います。

 

大切な人がもしうつ病になったのなら、こういってあげて欲しい。

 

「あなたは一人じゃない、私がそばにいるから」

 

それだけでその人はきっと救われると思います。

 

私も父や兄をもっと大切にしていかなくてはとそう反省するきっかけにもなりました。

初めてのうつ病体験記関連ページ

うつからの生還談
友人の母は、約15年近く病気がちで塞ぎがち、職を次々と変えてもどれも長続きしなかったのです。 夫のDVと職場での人間関係が原因だったようですが、それは、後からうつというものが社会でクローズアップされるようになって判明したことです。
姉のうつ病体験
私の姉がうつ病になりました。原因は、仕事上のトラブルに対する、上からの不当で過激な責任追求によるものでした。
父親がうつ病になったことがあります
私の父親は以前、うつ病と診断されたことがあります。 その当時、たしかに、仕事がうまくいっていなかったようです。 私は一緒には暮らしておらず、週に数回帰る程度だったので、彼の変化には、全く気がつきませんでした。
男性にもある更年期うつ
父が長い間うつ病を患っています。 今はかなり良くなってきていますが、数年前は大変でした。
母のうつ病
もう少し早くに通院していたら、もっと早くに良くなっていたのかも・・・と、おもうと悔やんでしまします。
兄の海外赴任とそれに伴ううつの発病
S先生というのがひどい人で、 担任として彼女の就職活動を応援しなければならない立場のはずなのに、面接で落ちたのはお前のやる気が足りないからだと怒鳴りちらし
うつ病患者に一方的な態度をとらない
うつ病は早期発見が大切です。本人に自覚がなかったとしても、家族や周囲が気づいたら、まずは専門家のもとで診察と治療を受けさせるようにしましょう。うつは決して治らない病気ではないのですから。
うつ病にも効くとっておきの緑茶
うつ病にも効くとっておきの緑茶

このページの先頭へ戻る