×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

家族がうつ病になったら

家族の誰かがうつ病になってしまったら、自分は何ができるだろう。
どうしたらいいのだろうと思っている方は多いと思います。

 

よく言われるのは、「元気だして」とか「がんばって」の励ましの言葉は厳禁。

 

うつになるまでの間、本人は散々がんばってきたのです。

 

好きでそうなったわけでもなく、がんばり過ぎてそうなってしまったのに
「がんばって」と言われたら「これ以上どうがんばるんだ〜!」
となってしまします。

 

「がんばったね」「ゆっくり休みなよ」など、リラックスさせてあげるのがいいと思います。

 

そして、仕事や人間関係など、うつになる原因から離れることが一番大切だと思います。

 

私の主人は仕事でうつになり、会社を辞めました。

 

しばらくは貯蓄をくずしての生活でした。
私としては、子供も生まれる予定でしたし、不安でいっぱいでしたが一言も不安だということは言いませんでした。

 

そして、主人の言動やこころの動きに注目して、怒ったり不安になったりしたときになんでそう思うのか、ねほりはほり聞きました。

 

そうしたら、子供のころの母親、父親の関係が原因だということがわかりました。

 

一番信頼している夫婦間でカウンセリングのようになんでも話し合うのは、本当に一番の近道だと実感しました。

 

原因が自分の過去の感情だとわかると、少し冷静に見れるようになってきました。

 

過去と今は違うんだからと思えるようになっていったのです。

 

そして主人は回復しました。

 

夫婦の絆もより深いものになりました。

夫のうつ病の原因関連ページ

家族は頑張り過ぎないこと
たまには私も疲れてイライラしちゃうかもしれないけれど、出来るだけ溜め込まないようにすると言う決断をしました。
うつ病で休職した夫
うつ病で休職した原因は、職場が変わって慣れない仕事でストレスがたまったことと、夫の両親が高齢で弱ってきたことです。
うつ病の私に対する旦那の接し方
よくうつ病の人には「がんばれ」と言ってはいけないとはいいますが、私はその言葉はもちろんですが、気を使われるがわかる態度にも、もすごく傷ついていました。
うつ病になってわかったこと
話をちゃんと最後まで聞いてくれたり、涙が止まらない時はそっとしておいてくれたりと距離をうまくとってくれているのですごく助かります。
夫がうつ病になってしまいました
うつ病は早期発見が大切です。本人に自覚がなかったとしても、家族や周囲が気づいたら、まずは専門家のもとで診察と治療を受けさせるようにしましょう。うつは決して治らない病気ではないのですから。
それでもうつ病がどんなものなのかを知りたい
うつ病は早期発見が大切です。本人に自覚がなかったとしても、家族や周囲が気づいたら、まずは専門家のもとで診察と治療を受けさせるようにしましょう。うつは決して治らない病気ではないのですから。
15年ほど前に夫がうつ病になりました。
うつ病は早期発見が大切です。本人に自覚がなかったとしても、家族や周囲が気づいたら、まずは専門家のもとで診察と治療を受けさせるようにしましょう。うつは決して治らない病気ではないのですから。

このページの先頭へ戻る