×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

うつ病にも効くとっておきの緑茶

あるサイトで高血圧の人が薬の副作用などでうつ病を併発する方がいると聞き、私の父はまさに高血圧に軽いうつ病もちなので、もしかしたら父のうつ病は高血圧が改善されたらよくなるのかもと思いまして、テレビで紹介されていたギャバロン茶をプレゼントしてみました。

 

ギャバロン茶はギャバがたくさん入っているので、血流がよくなり脳も活性化して、うつが改善されるらしいのです。
毎日3杯以上飲みつづけると3ヶ月ぐらいから効果が出始めるらしく、緑茶好きの父にはぴったりです。

 

父の日のプレゼントとしてあげてから毎日飲ませ続けています。
薬と併用しても大丈夫なのも安心して飲めるので魅力的です。

 

今では父は仕事から帰ってきて緑茶を飲む時間が気に入ったようでリラックスしながらお茶タイムを楽しんでいます。

 

まだ3ヶ月経っていないので、効果が出てきているのかよくわからないのですが、なんだか期待できそうです。

 

父の高血圧もうつも両方改善されたら一石二鳥なので、これからも続けて飲んでほしいです。

更年期障害としての男性のうつ病いついて

最近、うつ病だと言う人の話をよく聞くようになりました。

 

完ぺき主義な人がよくなる病気だとか、頑張りすぎる人がなりやすいとか聞きますが、女性では更年期障害の症状としてもよく言われています。
しかし、
男性でも更年期障害があり、うつ病になってしまうこともあるそうです。

 

丁度、40代後半から50代くらいの年齢になると、職場での立場や仕事のやりがいなどに悩みを抱えるようになるのでしょう。
家庭でも子供達はそろそろ大きくなって、妻も自分にはあまり関心を示さないようになってくると、自分の存在価値を考えてしまうのでしょう。

 

それに加えて、更年期と言うホルモンの変化による体の変調もあるのです。
休日にはどこにも出かけずボンヤリしているとか、趣味もやる気がなくなり、そのうち仕事も休みがちになってしまいます。

 

決して体の具合が悪いわけではないのに、朝起きられないとか何もやる気がなく体がだるくて仕方ないと言ったような状態です。
そんな時に、いち早く妻や家族が気づいてどのように接するかが大事だと思います。

 

決して叱咤激励してはいけないようです。
無理に仕事に行かせたりせず、そっと寄り添うのがいいのではないでしょうか。

 

「大丈夫。今は心身ともに休養の時よ。ゆっくり休んでね。何とかなりますよ。」と家族が焦らないことです。

 

勿論家族が一番不安なのですが、時期がくれば必ず治ると信じて待ちましょう。
もし、症状が酷くなるようでしたら、心療内科などに相談するべきですが、本人の気持ちを楽にしてあげることが一番ではないかと思います。

うつ病にも効くとっておきの緑茶関連ページ

うつからの生還談
友人の母は、約15年近く病気がちで塞ぎがち、職を次々と変えてもどれも長続きしなかったのです。 夫のDVと職場での人間関係が原因だったようですが、それは、後からうつというものが社会でクローズアップされるようになって判明したことです。
姉のうつ病体験
私の姉がうつ病になりました。原因は、仕事上のトラブルに対する、上からの不当で過激な責任追求によるものでした。
父親がうつ病になったことがあります
私の父親は以前、うつ病と診断されたことがあります。 その当時、たしかに、仕事がうまくいっていなかったようです。 私は一緒には暮らしておらず、週に数回帰る程度だったので、彼の変化には、全く気がつきませんでした。
初めてのうつ病体験記
そして、小さなわが子の手を握りました。すると、ようやくすーーっと黒いものが消えていったのです。 この子には、私しかいない。そう思った途端、黒いものも消え、眠ることが出来ました。私はこれが初めての体験でした。
男性にもある更年期うつ
父が長い間うつ病を患っています。 今はかなり良くなってきていますが、数年前は大変でした。
母のうつ病
もう少し早くに通院していたら、もっと早くに良くなっていたのかも・・・と、おもうと悔やんでしまします。
兄の海外赴任とそれに伴ううつの発病
S先生というのがひどい人で、 担任として彼女の就職活動を応援しなければならない立場のはずなのに、面接で落ちたのはお前のやる気が足りないからだと怒鳴りちらし
うつ病患者に一方的な態度をとらない
うつ病は早期発見が大切です。本人に自覚がなかったとしても、家族や周囲が気づいたら、まずは専門家のもとで診察と治療を受けさせるようにしましょう。うつは決して治らない病気ではないのですから。

このページの先頭へ戻る