×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

うつ病の友達と向き合った時

うつ病とは、本当に身近な心の病になりました。

 

あまりにも私の周りには多く、いつも相談される側だったので、私はカウンセリング講座で専門的な勉強をしたくらいです。

 

それほど、現代を生きる私達にとって、うつ病はお隣さんのような関係性を持つ病になりました。

 

私の友達がうつ病になった時は、病院から処方された薬を飲んで、気分だけがハイになり、効果が切れるともの凄く落ち込むという繰り返しでした。

 

もちろん、薬の効き方は人それぞれかと思いますが、私の周りでは、薬の服用はあくまでも症状の緩和方法であって、決定的な治療には至らなかったというケースがほとんどでした。

 

毎日のようにメールや電話がかかってきて、正直こちらも精神的に疲れてしまいそうでしたが、友達の家族の方との連携プレーで、なんとか、大学へと復帰出来る状態まで、引き上げることができました。

 

周りにいる人はとても大変です。見捨ててしまいたくなることも、きっとあると思います。それほど疲れてしまうことなんです。

 

でも、本人のほうが、自分の現状に心の中では疲れきっているのかもしれません。
本心であって、きっと本心ではない状態なのでしょう。

 

ですから、自分のペースを上手く守りつつ、うつ病の方の話しを少しでも聞いてあげることは、やはり大切なプロセスに違いないと思います。

うつ病の友達と向き合った時関連ページ

うつ病の人を明るい気持ちに
わたしがうつ病になったとき、一番の理解者はひとりの友人でした。その友人は毎日わたしに電話をかけてくれて、今の気持ちを話すように促してくれました。
うつ病と診断された友人
友人は、結局うつの原因は、現在の環境を変えなければ治らないと感じ、退職し、新しく資格の勉強を始めました。

このページの先頭へ戻る