×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

うつ病の私に対する旦那の接し方

よくうつ病の人には「がんばれ」と言ってはいけないとはいいますが、

 

私はその言葉はもちろんですが、気を使われることがわかる態度にも、ものすごく傷ついていました。

 

「がんばれ」と言わないように気を使われている私。
思考能力がおかしいので、卑屈になっていたのかもしれません。

 

一番は普通に接してもらえるのがありがたかったです。

 

しんどい時にしんどいと家族の間でもなかなか言えない性格だったので、

 

医師から
もっとしんどいと言いやすい環境を作ってあげてください。

 

と言ってもらったようで、特に旦那は、自然にふるまいながら、私のしんどさを出させてくれるように努力してくれました。

 

もちろん特別扱いはせず、家事もできる時にはするように言ってくれました。
そのおかげで、自分に居場所があるようで、安心した記憶があります。

 

そして、やったら褒めてもくれました。
他の人に比べれば大した事でないことも、できたことを喜んでくれました。

 

さらにできなくて落ち込んだ時には

 

「そんな日もあるさ」
と流してくれたのも、うれしかったです。

 

今思えば、だいぶ気を使ってくれ、我慢してくれていたと思います。
旦那には本当に感謝です。

うつ病の私に対する旦那の接し方関連ページ

家族は頑張り過ぎないこと
たまには私も疲れてイライラしちゃうかもしれないけれど、出来るだけ溜め込まないようにすると言う決断をしました。
うつ病で休職した夫
うつ病で休職した原因は、職場が変わって慣れない仕事でストレスがたまったことと、夫の両親が高齢で弱ってきたことです。
うつ病になってわかったこと
話をちゃんと最後まで聞いてくれたり、涙が止まらない時はそっとしておいてくれたりと距離をうまくとってくれているのですごく助かります。
夫がうつ病になってしまいました
うつ病は早期発見が大切です。本人に自覚がなかったとしても、家族や周囲が気づいたら、まずは専門家のもとで診察と治療を受けさせるようにしましょう。うつは決して治らない病気ではないのですから。
それでもうつ病がどんなものなのかを知りたい
うつ病は早期発見が大切です。本人に自覚がなかったとしても、家族や周囲が気づいたら、まずは専門家のもとで診察と治療を受けさせるようにしましょう。うつは決して治らない病気ではないのですから。
夫のうつ病の原因
家族の誰かがうつ病になってしまったら、自分は何ができるだろう。 どうしたらいいのだろうと思っている方は多いと思います。
15年ほど前に夫がうつ病になりました。
うつ病は早期発見が大切です。本人に自覚がなかったとしても、家族や周囲が気づいたら、まずは専門家のもとで診察と治療を受けさせるようにしましょう。うつは決して治らない病気ではないのですから。

このページの先頭へ戻る