×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

甲状腺機能低下症によって発症したうつ病について

うつ病の原因としては、甲状腺の機能低下によって、基礎体温の低下(36度台だったものが35度台に変化)をはじめ、身体機能全般が低下したという事が考えられるようです。

 

症状は、からだの芯が寒くて、寒くてしょうがない、食欲がない、体がだるい、何もする気になれない、といった症状がでました。

 

治療としては、甲状腺機能低下症を改善するため、内科ではチラージンSが処方され、精神科では、抗うつ薬(ジェイゾロフト、メイラックス)が処方されました。

 

チラージンSを服用してから2週間程度で効果が現れ、すべての症状が軽くなり、一ヵ月後にはほとんどの症状が気にならない程度まで改善しました。
2ヶ月後には、甲状腺ホルモンの数値が基準値内に入り、その後ホルモン値は安定、うつ病の症状も出なくなりました。

 

抗うつ薬は、ジェイゾロフトが半年ほどで必要なくなりました。
現在はチラージンSを一日1錠、メイラックスを1日おきに一錠を服用しております。

 

最後に甲状腺の病気は、その症状や治療の効果に、個人差がかなりあるため、甲状腺機能低下症の人がみな、うつ病になるわけではないそうです。

 

ただこの病気が原因で、私と同じような症状がでた方の参考になれば幸いです。

甲状腺機能低下による発症関連ページ

うつ病にならないおまじない
私が以前、知り合いからもらったメモがあります。 そのメモは私が精神的に辛くなりそうな時の支えになっており、毎年手帳を買い換える度に、清書しなおして手帳に貼りつけています。
うつ病の辛い時期
うつ病の辛い時期は、発症時です。 そして同じように、治りかけの時も大変辛いです。
薬物療法
うつ病を改善するのに、病院では必ず薬物療法が必要になります。 薬を飲むのを嫌がる人もいますが、薬を飲むことでうつ病独特の症状が減っていきます。
セロトニン分泌の異常
脳の障害ででてくる症状がうつ病だというのです。 もちろんその異常の原因はストレスではあります。 そのセロトニンを出すのに薬を使用するのですが、薬以外でもセロトニンを出すようにする方法があります。
日常空間を作る
本来の性格的な面や、家庭環境などで鬱病になってしまった人はとても根深い苦脳に悩まされています。
復職する前に大事なこと
まず自分が何に対してストレスを感じるのかを把握することです。

このページの先頭へ戻る