×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

うつ病になってわかったこと

今年の10月にうつ病と診断されました。
症状としては、朝起きた時と寝る前の憂鬱感や食欲の減少からの体重の減少です。

 

朝起きた時に起きあがれなかったり、電車の中で具合が悪くなってしまったりしました。
夜は涙がとまらなくなり、なんで生きているのか悩むことが多くなりました。

 

この症状が2週間以上続き、友人から勧められ心療内科にかかりました。
最初は心療内科なんて心の病気だから悩みなんて普段ない自分がなるわけないと思っていましたが、いざうつ病と診断されるとショックでたまりませんでした。

 

今は会社を休職して、自宅療養で過ごしています。

 

原因としては、会社での人間関係や仕事上でのミスが続いたことでした。

 

うつ病画像


会社に必要とされていないんじゃないか、自分は会社に貢献出来ていないんじゃないかと考え始め、
次第に職場の人ともうまく話せなくなっていきました。

 

まだ療養中ですが、周りの友人や家族の理解があってだいぶ落ち着いてきています。

 

話をちゃんと最後まで聞いてくれたり、涙が止まらない時はそっとしておいてくれたりと距離をうまくとってくれているのですごく助かります。

 

いつ治るのかがはっきりとしない病気ではありますが、いつかは治る病気だと思っているので早く治そうよりは前の自分に戻れればいいなくらいに考えて過ごしています。

 

この病気になって、友人や家族の大切さやありがたみが改めて感じさせられました。

うつ病になってわかったこと関連ページ

家族は頑張り過ぎないこと
たまには私も疲れてイライラしちゃうかもしれないけれど、出来るだけ溜め込まないようにすると言う決断をしました。
うつ病で休職した夫
うつ病で休職した原因は、職場が変わって慣れない仕事でストレスがたまったことと、夫の両親が高齢で弱ってきたことです。
うつ病の私に対する旦那の接し方
よくうつ病の人には「がんばれ」と言ってはいけないとはいいますが、私はその言葉はもちろんですが、気を使われるがわかる態度にも、もすごく傷ついていました。
夫がうつ病になってしまいました
うつ病は早期発見が大切です。本人に自覚がなかったとしても、家族や周囲が気づいたら、まずは専門家のもとで診察と治療を受けさせるようにしましょう。うつは決して治らない病気ではないのですから。
それでもうつ病がどんなものなのかを知りたい
うつ病は早期発見が大切です。本人に自覚がなかったとしても、家族や周囲が気づいたら、まずは専門家のもとで診察と治療を受けさせるようにしましょう。うつは決して治らない病気ではないのですから。
夫のうつ病の原因
家族の誰かがうつ病になってしまったら、自分は何ができるだろう。 どうしたらいいのだろうと思っている方は多いと思います。
15年ほど前に夫がうつ病になりました。
うつ病は早期発見が大切です。本人に自覚がなかったとしても、家族や周囲が気づいたら、まずは専門家のもとで診察と治療を受けさせるようにしましょう。うつは決して治らない病気ではないのですから。

このページの先頭へ戻る