×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

うつ病と診断された友人について

私の友人の一人にうつ病と診断された人がいます。

 

原因はたくさんあるみたいなんですが、

 

大きな原因の一つには、会社での激務からくるストレスと信頼できる上司のいない不安感が大きかったみたいです。

 

大分病んでしまい、ついにはうつ病で休職してしまいました。
期間は半年ほど。

 

でもその期間も傷病手当金は出たそうです。

 

なので、私の印象からはわりとしっかりした会社だなと思いました。
今はハローワークから調査が入るのを懸念して、労災の隠蔽をしたりする会社が多いと思うのですが、そこをしっかり手続きしてくれるのは友人には大変ありがたかったと思います。

 

しかし、傷病中の手続きがあるからこそ、見切りをつけてうつ病で退職がしにくいんじゃないかと感じました。

 

友人は、結局うつの原因は、現在の環境を変えなければ治らないと感じ、退職し、新しく資格の勉強を始めました。

 

今は資格を取るという目標のおかげで、病状はほぼ治癒に向かっていると思います。

 

やはり人間は目標をもつことは人生を生きるにあたってとても大事なことなんだなと感じています。

うつ病と診断された友人関連ページ

うつ病の人を明るい気持ちに
わたしがうつ病になったとき、一番の理解者はひとりの友人でした。その友人は毎日わたしに電話をかけてくれて、今の気持ちを話すように促してくれました。
うつ病の友達と向き合った時
私の友達がうつ病になった時は、病院から処方された薬を飲んで、気分だけがハイになり、効果が切れるともの凄く落ち込むという繰り返しでした。

このページの先頭へ戻る